横浜の有名な伝統工芸 100%シルクの上質スカーフ 横浜スカーフ ホーム
横浜スカーフとは?
横浜スカーフの歴史
横浜スカーフの特徴
ショップ紹介
イベント紹介
横浜繊維振興会
フォトギャラリー 横浜散歩道
 

世界が認める高級シルク

世界が認める高級シルク
『横浜スカーフ』とは、世界最高水準の製版、染色、縫製の技術で作られている、横浜生まれのシルク製品ブランドです。

世界が認めた超一流のクオリティでできあがったスカーフは、『横浜スカーフ』というブランド名で、世の中に出ています。
シルクは元来、ダイヤモンドや真珠に負けないほどの光沢を持っている唯一の繊維です。
天然繊維の中で最も細く、最も長いシルクは、その特異な構造故に、最も綺麗に色が染まります。

その特徴を生かし、横浜開港以来140余年もの長い年月の間に、その質感を確立してきました。
夏は涼しく、冬は暖かい。
ウールやポリエステルには無い着心地です。

そんなシルク製品の中でも、『横浜スカーフ』は群を抜いて良質なシルク製品として評価されています。


シルクの特徴

シルクは、吸湿・放湿性に優れ、着心地の良い繊維です。
夏は紫外線をカットし、こもった熱を逃がすため、襟元は涼しく日焼けを防止します。
冬は、寒い襟元をカバーし、暖かく保温します。
最近では、夏場の冷房による冷え防止にも役立ちます。

人間の皮膚に近いその感触は、昔から高級品として、私達は愛用してきました。
なぜなら、シルクは蚕がはき出す繊維です。
そのため、動物性の繊維が人間の肌になじむのです。

また、衣料用繊維の中でシルクは最も燃えにくい繊維です。
300〜400度にならないと燃えないのです。さらに、たとえ燃えたとしても有毒ガスの出ない、天然素材でできた自然に優しい織物なのです。


身体に優しく、環境に優しいものを身につけよう

このように、シルクは、着心地が良いだけでなく、人間の身体や環境に優しい衣料繊維です。
『横浜スカーフ』は、そんな高性能の絹織物を、横浜の伝統工芸として、長い間守り続けてきました。

身体に良いもの。
環境に優しいもの。

これらを重要視する、この21世紀にあった、伝統的で、かつ新しいシルク製品を是非ご体感いただきたいと思っています。


ページトップ

横浜繊維振興会(Yokohama Textile Association)
〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町 1-13 (松村株式会社社内)
Copyright (c) 2008 Yokohama Textile Association All Rights Reserved.